top of page

大学で学んだコミュニケーション力で、幅広い未来にチャレンジ!



interviewee profile
新潟産業大学学園祭のチラシを持って正面を向いている本田さん

後藤 麗玖(ごとう りく)さん

新潟産業大学 経済学部文化経済学科 2023年度卒業


■市民の皆さんにひとこと

たくさんの方と交流を持てたことは、とても貴重な経験であり、大切な思い出になりま

した。4年間、柏崎で学ばせていただきありがとうございました!

 
よさこいを披露する後藤さん
柏崎冬のフェスティバルの舞台で、挨拶をする後藤さん

燕市出身の後藤麗玖さんは、地元・新潟でよさこいの活動を続けたいという思いから、県内の大学を目指しました。

そんな中で新潟産業大学の教育理念に共感し、進学を決めたといいます。2月11日に後藤さ

んらが主催した「柏崎冬のフェスティバル」でもよさこいを披露。柏崎での学び、地元での活動を通して、充実した4年間を過ごしました。




地域コミュニティで学んだ「つながる力」
柏崎に関する研究発表をする後藤さん
柏崎に関する研究発表をする後藤さん

2月19日には柏崎商工会議所総合建設部会が主催する「柏崎に関する研究発表会」に参加しました。

新潟産業大学と新潟工科大学からそれぞれ4チームが出場し、後藤さんは「地域活動から生まれたつながりから新たなつながりへ」というテーマで発表しました。3 年生の時から所属している権田ゼミで学んだ、地域コミュニティでの活動をまとめ、自身の学びの集大成となりました。

「新潟工科大学の発表は、私たちとは違う角度からの研究で、大変興味深く聞きました。今後2大学が協力し合い、何かイベントができたら面白いですね。私は実現できなかったので、後輩たちのこれからの活動に期待したいと思います」

大切なのは、自分の強みを言葉で伝えること

卒業後は日本郵便(株)に就職し、柿崎地区への配属が決まっています。就職活動の際には業種、企業を絞り込むのに苦労した後藤さん。いくつもの企業説明会に参加してそれぞれの特徴を聞き、コミュニケーションをとる中で「一番自分にあっていると感じた」と、就職先を決めました。

「面接の練習では自分の強みを言葉にする力がつきました。これは私にとって、とても大きな成長でした。また、緊張すると暗い声になってしまうので、明るい雰囲気で話をすることに苦労しました。そのおかげか、今日はリラックスしてお話できています(笑)」

市民の方とのコミュニケーションを大切にしてきた後藤さんは、職場のある新しい地域でも、その力を生かしながら幅広く活動をしていくことでしょう。

 

この記事は、広報かしわざき2024年4月号(ナンバー1261)に掲載した内容です。スタッフゼプト「柏崎サイズ」編集部が制作しています。

Comentarios


bottom of page