top of page

地域に貢献したい、そのチャレンジ精神を育んだ4年間



interviewee profile
正面を向いている村川さん

村川 日向子(むらかわ ひなこ)さん

新潟産業大学 経済学部文化経済学科 4年


■市民の皆さんにひとこと

後輩たちもフィールドワークで市内を訪れることが多くあると思いますが、これからも学生たちを応援してもらえたらと思います。4年間ありがとうございました!

 

佐渡市出身の村川日向子さんは、大学進学を考えていた高校時代に「大好きな新潟県に貢献できる仕事がしたい」と考え始め、それを念頭に県内の大学のオープンキャンパスや学校説明会に参加しました。その中で「地域に学び、地域をおこす」を掲げている新潟産業大学に注目し、自身に合っていると感じて入学を決めました。


地元を愛する気持ちが新しいビジネスを生み、地域を育てる

入学後は観光ビジネス分野のゼミに入り、市内でのフィールドワークに積極的に出かけました。『観光は地元を愛していないと成り立たない』と考える村川さんは、「お話しさせていただいた皆さん、柏崎に対するこだわりが強かったですね。柏崎は、地元愛を持っている方が多いなと感じました」

また、1~3年生の間は学友会にも所属し、海岸清掃や各種行事でのボランティア活動など、地域との触れ合いの場にも多く参加しました。

「ダイレクトに地域から学ぶ活動が多く、そこからは常に新しい発見がありました。視野を広げることができ、とても有意義な4年間を柏崎で過ごすことができました」と大学生活を振り返ります。


目標としていた就職先でいつか柏崎の皆さんに恩返しがしたい
高柳町の酒蔵の入口で、村川さんが仲間と一緒に正面を向いて笑っています
地元フリーマガジンとのコラボレーションで、観光ビジネスを学ぶ仲間と高柳町の老舗酒蔵を取材(写真左が村川さん)

卒業後は柏崎を離れ、市外の企業への就職が決まっている村川さんは、就職課の方から面接に関するアドバイスをもらい、実践を繰り返すことで、希望する企業の内定を得ることができました。

「入学当時の目標であった新潟に貢献したいという気持ちを忘れず、地域の力になれる社会人を目指します。大学で過ごした4年間はたくさんの市民の方々に支えられ、応援してもらいました。いずれ、柏崎の皆さんにも恩返しができるような仕事ができたらと思っています」

このように卒業後の意気込みを語ってくれた村川さん、柏崎への思いが詰まったお話を聞くことができました。

 

この記事は、広報かしわざき2023年2月号(ナンバー1247)に掲載した内容です。スタッフゼプト「柏崎サイズ」編集部が制作しています。

Commentaires


bottom of page